スポンサーリンク

IL BISONTE(イルビゾンテ)レディース財布 おすすめランキングTOP5

review

イルビゾンテのレディース財布は種類がたくさんあって、財布選びは悩みますよね。機能性に優れた商品、デザイン重視の商品、軽さに優れた商品と種類は様々です。女性特有の”服装やバッグとの相性”など注意点があります。今回はレディースの財布選びのポイントや、おすすめ商品のご紹介、口コミ評判をまとめ、ランキング形式にしました。イルビゾンテのレディース財布選びのご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

IL BISONTE(イルビゾンテ)レディース財布選びのポイント

イルビゾンテのレディース財布の種類は豊富です。カラーバリエーションが豊富なので、悩み疲れると思います。かんたんなお手入れで愛着の湧く革独特のエイジングを楽しめるカラーを選ぶのも一つですね。毎日使用するものですので以下の3点に注意して、機能性やデザインが優れたお気に入りを見つけてください。

①エイジング(革の色合いの変化)を楽しめるカラーを選ぶ

イルビゾンテの特徴はなんといってもエイジング(革の色の変化)にあります。かんたんなお手入れが時々必要になりますが、”手のかかる子ほど可愛い”という言葉通り、むしろ愛着が湧きます。大切な友人や恋人と同時に購入して一緒に育てていくのも楽しみのひとつですね。

②よく使うバッグに合うサイズを選ぶ

人気の長財布シリーズを選んでも、普段使っているバッグが小さくて入らないことはよくある話です。仮にプレゼントするなら、その人が普段どんなバッグを使っているか確認した上で選ぶことをおすすめします。

③よく着る服に合うカラーを選ぶ

カラー選びは重要です。年月の経過と共に少しずつ育っていく姿を見るのが楽しい人気カラー「ヌメ/ナチュラル」「ヤキヌメ/キャラメル」はイルビゾンテの定番カラーです。シンプルな服に合わせやすいのが長所です。レディースは「グレー/トルトラ」や、2021年春夏新作カラー「アヴィオ」「ラベンダー」も人気で、財布から大人っぽさを演出できるのがいいですね。女性は特によく着る服装に合わせた財布選びが重要になります。

 

IL BISONTE(イルビゾンテ)レディース財布 おすすめランキングTOP5

第5位 イルビゾンテ/IL BISONTE 三つ折り財布 C0910

カード収納の多さ
札の取り出し口が一段わかれている
小銭がたくさん入る且つ取り出しやすい
見た目以上に重さがある

イルビゾンテ C0910の相場をチェック!

第4位 イルビゾンテ/IL BISONTE 二つ折り財布 C0522

カード以外も収納できるスペースが十分ある
小銭入れ部分がジッパー
シンプルで薄く、かばんで邪魔にならない
札入れの横幅が微妙に狭い

イルビゾンテ C0522の相場をチェック!

 

第3位 イルビゾンテ/IL BISONTE 二つ折り財布 C0424

 

リーズナブル&シンプルな人気モデル
レシート入れがあり、カード収納も豊富
カバンの中でひっかかりが少ない(大事)
財布の両面が似たデザインのため開くのを間違えやすい

イルビゾンテ C0424の相場をチェック!

第2位 イルビゾンテ/IL BISONTE 三つ折り財布 C0940

てのひらに乗るほどコンパクト
カード入れの凹みデザインがかわいい
小銭入れの独立=たくさん入る
スキニー系パンツのポケットには不格好

イルビゾンテ C0940の相場をチェック!

★1位の前に…イルビゾンテ購入時の⚠️注意⚠️

早速どの商品にしようか検討されるかと思いますが、少し待ってください。イルビゾンテの商品は偽物が多い疑惑があります。たとえ大手ショッピングサイトで購入するとしても、安心してはいけません。ブランドの偽物を販売している小規模のショップは多数あります。おすすめのサイトをご紹介していますので併せてご覧ください。

 

第1位 イルビゾンテ/IL BISONTE 二つ折り財布 C0423

 

 

がま口の使いやすさが異常
レシート入れがあり、カード収納も豊富
収納が充実しているのに薄く収まる
人気カラーが品薄になりやすい

イルビゾンテ C0423の相場をチェック!

 

まとめ

イルビゾンテの財布は本革のため丈夫で長持ちです。ひとつひとつ職人が製作していることもあり、財布の個性が出ているのも愛着の湧くポイントですね。大切な友達・恋人とお揃いにして、少しずつ変わりゆく革を楽しむのもいいですね。今回のIL BISONTE(イルビゾンテ)レディース財布おすすめランキングTOP5をご覧になって、プレゼント選びなど皆様のご参考になりましたら幸いです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました